counter
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

Googleアンドロイド アプリ開発 Diary

最近、巷で流行のGoogleアンドロイド。iPhoneに対抗する汎用的なスマートフォンのプラットフォーム。オリジナルのアンドロイドアプリを作るべく、入門書を購入しました。アプリ開発のドタバタを記録していきます。

2011年03月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

テキストファイルへの書き込み 

前回のスケジュール詳細登録画面から、ファイルへデータの書き込みやデータからの書き出しを行えるようにします。まずは今回はファイルの書き出しに関してです。

ファイルの出力手順
 Context.openFileOutputメソッドからjava.ioOutputStreamが取得され、取得したOutputStreamに対して出力データを指定することで、Android端末内にファイルが出力できます。
。。。と書いてありますが、なんのこっちゃ???

とりあえず、テキストファイルの書き込みを行うのに必要な"ScheduleUtil"クラスを定義します。
Schedule Toolプロジェクト内のsrcディレクトリ参加に"ScheduleUtil.javaを追加します。
srcディレクトリで右クリックし、クラスの作成を選択。
次に出てくるダイアログ内にクラス名"ScheduleUtil"を入力して作成をクリック

後は教科書どおりにソースコードをひたすら打ち込んでいく。
そうすると、下記画面のように文字が打ち込むことができ、最後に"スケジュールの登録ボタン"をクリックする。
textfile.png

更にその後、Eclipseの「パースペクティブ」メニューから「その他」を選択。その次のダイアログで「DDMS」を選択し、DDMS表示の左下のアイコンをクリックするとDDMSで使用可能なビューが選択できる。
そこで、File Explorerを選択してみると、教科書の指示通り

/data/data/com.example.schedule/files/

Filewrite_out.png

に、Test.txtとテキストファイルができていました。これが、書き出しファイルかな?!と半信半疑にデスクトップへ抽出し、開いてみると、中には
「スケジュール追加ボタンクリック」

と。。。???

難しいです。明日また続けます。
スポンサーサイト

Category: スケジュール管理アプリ

TB: 0  /  CM: 0

top △

2011-03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。