counter
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

Googleアンドロイド アプリ開発 Diary

最近、巷で流行のGoogleアンドロイド。iPhoneに対抗する汎用的なスマートフォンのプラットフォーム。オリジナルのアンドロイドアプリを作るべく、入門書を購入しました。アプリ開発のドタバタを記録していきます。

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

スケジュール管理アプリケーションの作成1 

っと言うことで、打ち込みを始めてます。

アプリの構成としては、
 ・スケジュール一覧画面
  >登録スケジュールのヘッダーの一覧表示画面

 ・スケジュール詳細登録画面
  >スケジュールの内容登録画面

 ・アラーム機能実行サービス
  >実行期限をアラーム(mp3ファイル)で知らせる機能

 ・アラーム機能実行サービスの停止画面
  >アラームをとめる機能

という4構成となり
 それぞれで、各オブジェクトの作成、レイアウト、それぞれの画面の切り替え方法、データの切り替え、受け渡し方法、MP3の再生方法、バイブレーションを行う方法、最後にバックエンドで動く機能の作成方法が盛り込まれているとのことです。

まぁ、まずは作ってみたかったアプリの一つにスケジュール管理というのがありましたので、いきなりワクワクです。進み方がスローですが、地道にこつこつやっていくこととします。(辛抱)

Category: 基本プログラム

TB: 0  /  CM: 0

top △

習うより慣れろということで 

昨日、何気にAndroidの発売機種など業界動向をチェックしていたら下記のようなブログを見つけました。

もとまか日記
http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20110119/1295378419#seemore

元々、iPhoneアプリ開発をやられている方なのでしょうか?こなれた感じでAndroidにも着手され、開発したアプリの構成の考え方などを公開されてました。

その中の記事の一つ"プログラマを目指す人が本を読む前に読むべきネットの記事"というのがありまして、ゲームプログラマを目指そうとしてる方の知恵袋の回答から、セガの平山氏という方のコメントを引用されてました。

細かい記述は見ていただければ納得ですが、このような熟練した方たちが実感としてあるのは、要は"習うより慣れろ"を地で行くように、多くの経験からプログラムの考え方を学ぶということなのだなと思いました。

それで早速、最近頭でっかち(理屈から入ろうと)になっていて読みふけっていた教則本のプログラム例から、まずは記述してみていろいろ自分で試してみようと思いました。少しずつではありますが。何でもそうですがまずは人の真似からオリジナリティが生まれてくるのだと再認識した瞬間でした。。。

Category: コラム

TB: 0  /  CM: 0

top △

文字列の表示1 初めてのAndroidプログラム"Hello World" 

文字列の表示1

初めてのAndroidプログラム"Hello World"

どうも定番のようですが、第一歩から私も始めました。分けも分からず、下記コードを打ち込み実行!
。。。うっう動かない(涙)

コード
package com.example.hello.android;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;
import android.widget.TextView;

public class NewActivity extends Activity {

/** Called when the activity is first created. */

@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {

super.onCreate(savedInstanceState);
//setContentView(R.layout.main);

//レイアウトの作成
LinearLayout layout = new LinearLayout(this);

//レイアウトを縦方向に設定
layout.setOrientation(LinearLayout.VERTICAL);

//レイアウトをAvtivityに設定
setContentView(layout);

//文字列の作成
TextView tv = new TextView(this);

//文字列にString.xmlのHelloを設定
tv.setText(R.string.hello);

//レイアウトに追加
layout.addView(tv);

//レイアウトにペイントビューの追加
layout.addView(new PaintView(this));

}

}

また、エラー表示が出ているようで

「Sending jdwp tracking request failed! 」

???何でしょう。

仕方なく、NET検索。Android友の会にたどり着き下記URLの内容にたどり着きました。
https://groups.google.com/group/android-group-japan/browse_thread/thread/1c0eccbce00ae23?hl=ja

結果は、ADTのバージョンをダウンさせて解決しました。(0.9.9 → 0.9.7)
*最初のインストール報告は既に0.9.7をインストールしてます。

細かい互換があるようで。。。
最初のHello World New Activityが出るまでに、2日掛かりました。(疲)
結果はこれ↓
Android_tutrial.png


初めてのプログラム。動いたときはちょっと感動しました。(笑)

Category: 基本プログラム

TB: 0  /  CM: 0

top △

ImageSample 

プログラムを組み始めました。
まずは、基本プログラムを実際に打ち込んでみて、内容を理解するところからはじめてます。

実際に実行したプログラムはこうなりました。
ImageSample.png

プログラムの内容は、未だちんぷんかんぷんです。同時にJavaも基本からやり直してます。Class、Method、オブジェクト指向など、基礎の基礎。しかし、ほとんどわかっていなかったので、Javaの基本をやり始めると、プログラムの構成なんかは、少しずつ分かり始めてきました。

予約語など、基本が頭に入ってないので、その意味するところを理解するのに時間が掛かるようです。
気長にやるしかないですね。あせらず、一個ずつ。。。(とほほ。。。涙)

Category: 基本プログラム

TB: 0  /  CM: 0

top △

EclipseにAndroid Plug-Inをインストール 

EclipseにAndroid Plug-Inをインストール

1.Eclipseの「ソフトウェア更新」メニューからロケーションを選択します
Android_PI1.png

2.「使用可能なソフトウェア」タブの「サイトの追加」ボタンをクリック
Android_PI2.png

3.ロケーションに「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」と入力後OKをクリック
Android_PI3.png

4.Androidプラグに必要なコンポーネントを自動で探します
5.次の画面が表示されたら「完了」をクリックします。
6.「使用条件の条項に同意」を選択し次へ
7.フィーチャーが表示されるので「終了」ボタンをクリック
8.インストール確認ダイアログで、すべてインストールをクリックするとインストールが開始します。自動的にEclipse が再起動します。
9.「ウィンドウ」メニューから「設定」を選択
Android_PI4.png

10.Androidを選択、SDK Locationに「参照」でインストールしたディレクトリを指定し、これで設定は完了です。
Android_PI5.png

いよいよ、次回からはAndroidプログラミングを開始。。。(できるか?!)

Category: 環境設定

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017-06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。